車体全体が揺れる速度とは

2015.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

クルマを載っていると、日常的に点検を行っている場合や走行中に不具合を発見することもあります。日常の不具合は、エンジンをかけたときの始動までの時間やブレーキのペダルのふみしろといったものです。走行中に気付くことができる違和感は、ある速度域まで達成すると、車体全体が揺れることがあったり、ステアリングがゆれることがあったりするケースです。どちらの場合にもクルマに異常をきたしている可能性があるので、はやいうちに整備工場にもっていくのが得策だといえます。

ある速度域でクルマの全体がゆれるのは、タイヤのとりつけ角度が悪かったり、タイヤの偏った磨耗が原因だったりします。修理をするためには、タイヤの専門店や車の整備工場にいって、クルマを点検してもらうのが一番です。自分でできる場合には、自分でしてもいいですが、専門家に任せたほうが作業をスピーディーに行う事ができます。また、自分では気づくことができなかった不調な部分を見つけることができるかもしれません。

クルマは永久に走り続けるものではなく、消耗をしていくものです。定期的なメンテナンスが必要になってきます。きっちりと管理を行えば、新車でも中古車でも長く載り続けることができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。