ステアリングをきっているときの違和感について

2015.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

クルマを走らせているときのちょっとした違和感からクルマの不具合を感じ取ることができます。信号待ちから加速したときのスピードの出方や、ハンドルを切ったときの曲がり具合といったことです。ちょっとした違和感を感じたらすぐに整備工場へともって行って、点検wのしてもらうと良いでしょう。そのまま放置しておくと、思わぬ故障をひき起こすことがあるからです。

これら以外にも、ステアリングを通して伝わる振動から不具合を発見することもできます。ある速度に達すると振動が伝わったり、まがるときに振動が伝わったり、車体全体が揺れるかどうかによっても症状は違います。クルマ全体の不具合であるのか、ハンドル部分の不具合なのかを把握することができます。この対象方法としては、タイヤを縁石にぶつけないこととクルマの整備をしっかりとすることの二つがあげられます。特に、整備に関しては専門の知識がないとできないと思っている人も多いようですが、日常点検であれば車を所持している人でもできます。

小さな異変に気付けるかどうかにかかっているのです。小さな異変は、たいしたことがないと思うのではなく、専門家のアドバイスを聞くようにしましょう。電話での相談は無料のところもあります。

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。