エンジンの冷却水(クーラント)の漏れと対策について

2015.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

クルマは何も知識がなくても走行をすることができます。しかし、長い期間を愛用したいと考えたときには、ある一定の知識が必要になります。それは、異常を発見することやメンテナンスのときに必要不可欠な能力だからです。特に、異常を感じた場合には、故障をする前兆であることもあるので、適切な対応をすることが大切です。

クルマはいろいろな部品からできているので、もちろん故障をすることもあります。点検をするときには、所持者でも行う事ができる日常点検と走行中の点検をしましょう。走行をしているときに、エンジンの冷却水から漏れが出ている場合には、異臭で気付くこともあるようです。水温系の針の上昇をみて、判断をすることができます。オーバーヒートを起こしているとエンジンが焼けてしまうこともあるので、十分に気をつけてみておくといいでしょう。

点検をするときには、量と適切な濃度を保っているかを見ておくことが大切です。適切な濃度がないと冬場は凍結をしたりする恐れがあります。整備工場に全てを任せるのもいいですが、自分である程度いじれるようになっておくと、万が一のときでも対処をすることができます。日々のメンテナンスをわかるとこから行っていきましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。