燃料ホースの破損や損傷について

2015.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

燃料ホースとは、自動車のエンジンにガソリンや軽油等の燃料を送り込むためのホースのことを言い、エンジンルームに見ることが出来ます。自動車は、エンジンをかけると車体が小刻みとした振動が起こるため、そうした振動によって機器同士がぶつかり合い、いつの間にか破損に至ったり損傷に至るケースも多くなります。

当然、そうした振動や使用環境等によっては燃料を供給するためのホース自体が磨耗したり、経年劣化したりの事情によって亀裂が生じたり、穴が空くこともあります。亀裂や穴が空いてしまうとそこから燃料等が漏れてしまい、近くのエンジンの熱によって引火して車両火災を引き起こす原因にも繋がってきます。そのため、日頃の日常点検や定期点検を欠かすことが出来ない項目の一つです。
なおホースの破損や損傷を起こすとエンジン自体に燃料が供給されにくいこともあり、エンジンのかかりが悪くなったり、エンストを引き起こすこともあります。また燃費も極端に悪くなるため、通常の使用での場合と明らかに違和感を生じることが多いです。

亀裂の種類についても沢山あり、小さいものから大きなものであります。特に小さい亀裂だと判明しにくい場合もあります。そのため、半年に1遍ほどはプロの整備士にエンジン周りの検査をしてもらうなどした方が良いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。