ATの変速ショックについて

2015.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

AT自動車は変速機の操縦が非常に楽チンな自動車です。
ですがその分、変速機に異常をきたすと変動ショックを起こすようになります。
変速機が変動すると、反動を受けてしまうというものです。
このショックが大きくなった場合はどうすればいいのでしょうか。

基本的にはショックは純正オイルとメーカー推奨の走行距離で交換すると軽減されます。
ですが、まれにオイルが変色してしまう事もあり、さらにショックも軽減されないという事態も起こり得るそうです。
こういった場合は、変速機が異常をきたしている可能性が高くなります。

一度、チェックをしてみてそれでも軽減されない場合は、修理を依頼してみるといいかもしれません。
このように、AT車は自動車のギアチェンジをする際に反動を喰らいます。
この反動が大きくなる時は大抵、オイルが足りなくなってきているかあるいは、本当に異常をきたしているかのどちらかです。
ですから、もしもオイルを交換しても症状が改善されない場合は、一度内部を見てもらって修理を依頼する必要性も出てきます。
ショックが何らかの運転に支障をもたらすようならば、交通事故にも発展しかねません。
しっかりと、点検と修理を依頼すべきなのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。